スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2019.08.09 Friday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    鎮静する様子が見えない佐々木朗希投手の登板回避について考えてみる

    0

      JUGEMテーマ:野球

       

      夏の甲子園がスタートしました!
      大会も今日で3日目、連日熱戦が繰り広げられています。
      そして、今日の第1試合で、岩手代表の花巻東高校が登場します。

       

      岩手代表の花巻東高校と言えば、誰もが知る岩手の名門高校。
      加えて、この夏の岩手県予選での大船渡高校との決勝戦での佐々木朗希投手の登板回避が話題となっています。

       

      佐々木朗希投手の決勝戦での登板回避について自分なりに考えてみたいと思います。

       

      まず、登板回避の是非については、僕は「是」だと思っています。
      その理由は、単純に故障を防いだと言うその1点のみだけです。
      この際、失礼は承知の上で、他の選手の想いとかは無視させてもらって話を進めたいと思います。

       

      あの決勝戦、僕は国保監督の本心としては、本当は佐々木投手で勝負をかけるつもりだったのではないかと考えています。
      と言うのも、大会前に国保監督は、佐々木投手を連戦で使用するための準備も進めていたと聞いています。
      なので、準々決勝で休養を挟んで、準決勝で登板させたのは予定通りだったと思います。
      つまり、準々決勝で休養させ、準決勝、決勝で佐々木投手でと言うのが、国保監督が思い描いていた本当のプランだったのではないでしょうか?
      ゲームプラン通りに進んだ決勝戦、唯一の誤算が、佐々木投手の体の状態だったのではないでしょうか?
      決勝戦前の佐々木投手の状態が想定よりも悪かったため、佐々木選手の体を守るため、決勝戦での登板回避を決断したのだと思います。

       

      国保監督も、佐々木投手だけでなく、選手みんなが甲子園を目指して努力を重ねている姿を普段から目の当たりにしています。
      そんな選手たちの想いを国保監督が理解していないハズはありません。
      考えうる最善策を常に頭に思い描いていたことでしょう。
      ただ、そこは選手も機械ではありません。
      生身の生物です。
      常に同じ状態であるワケがありません。
      当然、想定外のことも起こります。
      その想定外が、佐々木投手のコンディション不良だったのではないでしょうか?

       

      確かに佐々木投手の潜在能力を考えると、コンディションが整わなくても、もしかしたら花巻東打線を封じることができたかもしれません。
      もしかしたら、故障することなく投げ切った可能性もあります。
      決勝戦で投げたとしても、将来的に故障することなく選手生活を送ったかもしれません。
      でも、それらは全て「タラレバ」です。
      誰も未来の事なんて知ることができません。
      そして、もし佐々木投手が登板して勝てたとしても、その後に故障が発覚した場合、他の選手は心から満足できたでしょうか?
      甲子園に進めたとして、佐々木投手が甲子園で投げられなかったら、それで他の選手は心から甲子園を楽しめたでしょうか?
      佐々木投手が選手生活を続けたとして、将来、重大な故障が発生した場合、他の選手は何を思うのでしょうか?
      やはり、これらも全て「タラレバ」です。
      それらを考えると、僕の中では答えはひとつに絞られてきます。

       

      自分も指導者をしていました。
      だからこそ、国保監督の想いは理解できているつもりです。
      指導者にとって、選手たちの想いは最大の推進力です。
      子供達の夢や希望を実現させるために、最大限の努力をするのが指導者です。
      とは言え、夢や希望をかなえさせるため「だけ」に選手に無理をさせることがあっては絶対になりません。
      人の一生を考えると、選手である時間よりも、引退後の時間の方がはるかに長いです。
      なので、指導者は選手の引退後も考えて選手起用をしなければなりません。
      引退後の生活に支障を残すようなことがあっては絶対になりません。

       

      僕が指導していた選手の中に、最も重要な大会の直前に腰のケガが発覚した選手がいました。
      ケガの状態は思っていたほど酷くなく、多少のムリは効く状態です。
      ただ、全力でプレーできるかと言えば、実力を全て発揮することは不可能だったでしょう。
      この選手は、個人戦で県のベスト8を狙える実力のある選手でした。
      本人も出場を懇願してきました。
      でも、僕の答えは「ノー」でした。
      腰のケガは、悪化すると歩行などにも支障をきたすおそれがあります。
      僕には、将来に不安のある状態で試合に臨ませることはできませんでした。
      その選手が、あの時のことをどう思っているかは知りません。
      ただ、何度か会いましたが、笑顔で思い出話をしてくれます。
      足や腰に異常はありません。
      僕は、自分の判断が正しかったと思っています。
      たしかに選手の心には、消えることのない傷になったとは思いますが・・・

       

      国保監督も本当に悩んだことと思います。
      苦しかったことでしょう。
      たぶん、今でもいろいろな思いが頭を心を駆け巡っていると思います。
      自分たちにできることは、今はそっとしてあげること。
      ただ、それだけではないでしょうか?


      私の祖父がなくなりました

      0

        JUGEMテーマ:日記・一般

        祖父が3週間前に、92年の長い人生に幕を閉じました。

         

        生前の祖父を一言で言うのなら、本当に働き者でした。
        毎日、毎日、朝から晩まで農作業に精を出していました。
        農作業の無い冬場も、ほんのちょっとでも雪が降ろうものなら、すぐに庭に飛び出して雪かきをする・・・
        そんな人でした。
        孫の自分から見ても、そこまでしなくても良いのにって思うことが何度もありました。
        弔問に訪れた方々も、口々に
        「本当に働き者だったもんね・・・」
        と、言っていました。

        そんな祖父を、心のどこかで尊敬していました。


        じいちゃん、本当にお疲れ様でした。
         


        レッドブルホンダがF1オーストリアグランプリで優勝!

        0

          JUGEMテーマ:F1

          先日行われたF1オーストリアグランプリで、ホンダのパワーユニットを搭載したレッドブルが優勝を飾りました!
          ホンダにとっては13年ぶりの優勝です!

           

          マクラーレンとパートナーを組んだ時は、3年で未勝利。
          ところが、レッドブルとはパートナーを組んだその年に優勝。
          チームとの連携の差が、この違いを生み出したのかなと思っています。

           

          だって、マクラーレンからは、勝てないのはパワーユニットの問題と、散々こき下ろされました。
          確かに、問題があったのは事実です。
          でも、ホンダもF1ハイブリッドエンジンに初挑戦。
          当然、結果を出せるようになるには、それなりの時間が必要です。
          でも、マクラーレンは、ホンダに時間をくれませんでした。
          名門として、長い時間勝利から遠ざかっていたので、すぐにでも結果が欲しかったのでしょう。
          その焦りが、ホンダとの大きな溝になったと思います。

           

          対して、トロロッソ、レッドブルとパートナーを組んでからは徐々に力を発揮しはじめました。
          確かにマクラーレンとの3年間で学んだことは大きかったと思います。
          でも、なによりトロロッソや、レッドブルはホンダを信じて開発を待ってくれていました。
          なので、ホンダも余裕を持って開発に専念できたことだと思います。
          あと、待ってくれているレッドブルやトロロッソにも恩義を感じていたでしょう。
          そうなると、やっぱり恩返しをしたいという気持ちが芽生えてくるでしょう。
          それらの相乗効果が、今回の優勝の大きな原動力だと思います。
          ホンダと、レッドブル、トロロッソとの関係は、非常に良好なのだと思います。

           

          今シーズン初勝利とは言え、メルセデスやフェラーリに対抗できる力を付けたのかといえば、まだなような気がします。
          でも、確実にトップ2との差は縮まっていると思います。
          後は、以前から課題とされていたシャシーの性能の向上がカギとなるのではないでしょうか?
          とは言え、空力性能に優れたシャシーを生み出すことが得意なレッドブル。
          必ず、最適解を見つけることでしょう。


          今シーズンは、まだまだレースが残っています。

          レッドブルホンダがあと何勝できるか?
          期待が膨らみます!


           

           


          だいぶ久しぶりの更新となりました(汗)

          0

            JUGEMテーマ:サッカー

             

            だいぶ久しぶりの更新です。
            5月以降、心身のバランスを崩してしまい、チョットしんどい日々が続いていました。
            だいぶ調子が戻ってきたので、今後ともよろしくお願いいたします!

             

            さて、ブログ再開の1発目は何を書こうかなと思ったのですが・・・

             

            やっぱりサッカーの話題でしょう。
            それもコパ・アメリカに参戦している男子代表の話題です。

            昨日、チリ代表に4−0で敗れ、その惨敗ぶりがメディアで取り上げられていますが・・・
            僕自身は、当然の結果だなと思っていました。
            フル代表のチリに対して、日本はU22を中心としたメンバーです。
            試合をする前から勝敗は明らかです。
            ただ、4失点は予想以上でしたが・・・

             

            コパ・アメリカという大会に対して、東京オリンピック世代を中心とした、このメンバーで挑むのは失礼だという声もあります。
            とは言え、Jリーグもシーズン真っ只中、海外メンバーも国際Aマッチではないという事情もあり、フルメンバーを招集できなのは事実です。
            そんな状況の中であれば、ヘタに中途半端なメンバーで挑むよりも、東京オリンピック世代で挑んだ方が得るものが大きいと判断したのでしょう。
            僕もそう思います。
            森保監督自身も、このような結果になることは想定していたと思います。
            試合内容によっては、批判の声が上がることも予想していたでしょう。
            それでも、若手主体で、どこまで通用するかを見たかったのだと思いますし、強豪相手に若手が何かを掴んで欲しいと思っていたハズです。
            来年の東京オリンピックでメダルを獲得するために、「本気」で挑んだミッションなんだと思います。

             

            南米の強豪との本気の勝負は、まだまだ続きます。
            東京オリンピック世代の選手たちが、大きな財産を手にしてくれることを期待しています。

             


            サッカー日本代表にFC東京の久保建英が初選出!

            0

              JUGEMテーマ:サッカー

               

              昨日発表されたサッカー日本代表のキリンチャレンジカップのメンバー。
              以前から召集されるかどうかが話題になっていたFC東京の久保建英選手が期待通り(?)に選出されました。

               

              バルサ仕込みのテクニックが持ち味の久保選手。
              以前から、将来の日本の中心選手として期待されていました。
              17歳でのA代表選出は、市川選手以来だそうです。

               

              FC東京では、直近のリーグ戦で2試合連続ゴールを奪うなど絶好調の久保選手。
              こうなると得点の期待も高まります。
              もし、キリンカップで得点を奪うと歴代最年少記録とのこと。

               

              これは期待せずにはいられません!
               


              岩手県での高校野球フィーバー

              0

                JUGEMテーマ:野球

                 


                今、岩手県では高校野球が例年以上に盛り上がっています。

                その理由はと言うと・・・
                答えは簡単ですね。
                高校生歴代最速の163kmを叩き出した、大船渡高校の佐々木朗希投手。
                その佐々木投手を一目見ようと地区予選なのにもかかわらず、会場は常に満員です。

                 

                ただ、当の佐々木投手は自慢の速球を封印。
                変化球主体のピッチングで、見に来た観客は肩透かしです。

                 

                とは言え、やっぱり能力の高い投手なんですね。
                最大の武器を封印しても試合を作ることができるんですから。
                チームも見事に予選突破です。

                 

                県大会は5月17日からスタート。
                岩手の高校野球フィーバーは、まだまだ続きます!

                 


                世界卓球選手権女子ダブルス決勝での世紀の大誤審が話題に!あの審判はいったい誰?

                0

                  JUGEMテーマ:卓球


                  昨日、世界卓球選手権女子ダブルス決勝を見ていましたが、5セット目の9−9の場面でのあのジャッジは信じられませんでした。
                  誰が見ても、明らかな誤審です。
                  会場内には、リプレイのスロー動画が何度も流れていした。
                  会場内にいた人すべてと、中継を見ていた全世界のすべて人が証人です。
                  にもかかわらず、審判は映像確認拒否のジェスチャー。
                  あそこまで、頑なに映像確認を拒否する姿勢には違和感を覚えました。
                  何らかの事情があったのでは?と疑いたくもなる光景です。

                   

                  こうなると、この審判はいったい誰?
                  そう思ってしまします。

                   

                  伊藤美誠選手は、試合後に「なるべく中国系(の審判)は避けてほしいなと思いました。」コメントしていたそうです。
                  ネットのニュースでも、この試合の審判が中国系マレーシア人だったと書かれていました。
                  そこで、ITTF(国際卓球連盟)の公式ホームページを確認し、この大会の審判を確認しました。
                  https://ittf.cdnomega.com/eu/2019/02/List-of-selected-umpires_2019WTTC.pdf

                   

                  28日の担当となっていた審判員でマレーシア人は1人。
                  LIM Ee Lian(リム・イー・リアン)だけです。

                   

                  この方がどういった方なのか、結局分かりませんでしたが、あの場面での、あのようなジャッジと行動は、決して許されるものではありません。
                  日本協会も、ITTFに対し抗議するとのこと。
                  当然のことでしょう。
                  とはいえ、抗議が受け入れられたとしても、試合の結果は変わりません。


                  ただ、この一件で、ビデオ判定の導入が進んでくれればと思います。
                   

                   


                  世界卓球選手権2019混合ダブルスで石川佳純&吉村真晴ペアが準決勝進出!

                  0

                    JUGEMテーマ:卓球

                     


                    日本の卓球は本当に強くなりましたね。
                    4月21日からハンガリーのブタペストで行われている世界卓球選手権2019で、石川佳純&吉村真晴ペアが準決勝進出!
                    日本チーム最初のメダル獲得を決定しました!
                    後は、メダルの色が何色になるかの戦いです。

                     

                    石川佳純&吉村真晴ペアは、前回の2017大会もこの種目で金メダルを獲得しています。

                     

                    準決勝の相手は、伊藤美誠&森薗政崇ペアを破って、勝ち上がってきたドイツ代表ペアです!
                    伊藤&森園ペアのリベンジを果たし、決勝戦に勝ち進むことを期待しています!

                     

                    皆さんで応援しましょう!

                     


                    14年ぶりにマスターズを優勝したタイガーウッズが使用したクラブはコレ!

                    0

                      JUGEMテーマ:ゴルフ

                       

                      昨日、タイガーウッズ選手がマスターズで優勝しました!
                      マスターズの14年ぶり、メジャー大会の優勝も11年ぶりなそうです。
                      各メディアでも大きく取り上げられています。

                       

                      僕はゴルフをやらないので、あまり良く分かりませんが・・・
                      ゴルフに詳しい人達から言わせると、全盛時と比べるとゴルフのスタイルが大きく変わっているそうです。
                      それはそうですよね・・・
                      だって前回の優勝から10年以上も経っているのですから。
                      年齢もそれだけ重ねているんですもんね。
                      肉体的な衰えはあるハズです。
                      それに合わせてプレースタイルも変わるのも当然のことです。

                       

                      プレースタイルが変わると、それに合わせて使用する用具も当然変わります。
                      ということで、タイガーが優勝を決めてから、タイガーが使用していたクラブに注目が集まっています。
                      いったいどんなクラブを使っていたのでしょうか?

                       

                      その答えは・・・
                      コチラのニュースで取り上げられていました。

                      マスターズ優勝ギアを紹介! すべてをコントロールできるタイガーの14本

                       


                      大注目の大船渡高校の佐々木朗希投手!知られざるその素顔は?

                      0

                        JUGEMテーマ:野球

                         

                        今や日本のみならずアメリカからも注目を集める大船渡高校の佐々木朗希投手。

                        それもそのはず、何せ高校生歴代最速の163kmを叩き出したのですから・・・
                        まだ身体も出来上がっていないのに、このポテンシャルです。
                        これからどこまで成長するのか楽しみですね。

                         

                        さて佐々木投手が、なぜここまでの投手に成長できたのか?
                        その秘密は、その素顔にありそうです。

                         

                        佐々木投手は、自他ともに認める大の負けず嫌いとのこと。
                        中学時代から注目を集める佐々木投手は、強豪私立高校からの誘いを全て断り、地元の大船渡高校に進学しました。
                        理由は、一緒に成長した仲間達と、並み居る強豪私立を打ち負かし甲子園出場の夢を叶えるためなそうです。

                         

                        その道は、かなり険しいものでしょうが・・・
                        とは言え、昨年の金足農業の例もあります。

                        佐々木投手と大船渡高校がどこまで勝ち上れるのか?
                        楽しみです。
                         



                        人気ブログランキング

                        アクセス解析

                        ▼記事一覧▼

                        ▼カテゴリー▼

                        ▼ブログ内検索▼

                        ▼リンク集▼

                        ▼calendar▼

                        S M T W T F S
                        1234567
                        891011121314
                        15161718192021
                        22232425262728
                        2930     
                        << September 2019 >>

                        ▼Profile▼

                        書いた記事数:303 最後に更新した日:2019/08/09

                        ▼archives▼

                        PR

                        recommend

                        others

                        mobile

                        qrcode

                        powered

                        無料ブログ作成サービス JUGEM